読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

レゴランドは楽しかったけど

レゴランドに、予定通り行ってきました。前日、夕方の天気予報では、霜が降りるとのことだったので、どうなることかと気を揉んでいました。


朝、家を出るときに寒いかな?と、思ったので冬のコートを着ていきました。名古屋港なので、海からの風が強くて寒くなるかと考えたのも冬のコートを選んだ理由です。

一日、薄曇りの天気でしたが、風は感じず、気温も高くなったようで寒くなかったのは助かりました。


さて、肝心のレゴランドですが…一言で言えば楽しかったですよ。

楽しかったのですが、いくらか残念なことが。


まず一つ目。お土産(食べ物系)が無く買えなかったこと。お土産売り場には、レゴランドだけあってレゴがほとんどなのです。

レゴに詳しくない私は「レゴは、どこでも買えるのに、何で~?」と思ってしまいました。が、詳しい方なら、「限定物ばかりだ‼」とか見てるだけても楽しめたのかな?


これは、自分達が悪いのですが、レゴ以外の食べ物のお土産は数が少ないので、入場したら即行で買いにいくそうです。

売り切れたら、補充もされないので、早い者勝ちだからです。行く前に、調べておけば買いに走ったのにな~。

チケットをいただいた方には、お礼に食べ物のお土産を渡したかったのですが、結果的にメモ帳になってしまいました。残念。


二つ目は、入場前の話。入場後、どこもかしこも行列だったのですが、入場前の列が酷かったのです。


車でなく公共機関で行きました。金城ふ頭駅で降りて、歩いていきました。

駅から、向かって行く途中で列が見えたので、入り口への列かと近づいていくと、看板を持ったかたが居ました。

看板を持った人と行列を見て、並ばないと入れないのだと思って最後尾を目指して歩きました。

最後尾を目指して歩いている途中でも、並んでからも横入りされまくったのです。

看板を持った人は、何をやっているのだろう?本当に、見かけたときのまま、立っているだけ?と思ってしまいました。

いざ、列が進むと、入り口はもっと先。なぜ、こんなところで整列させようとしたのか?疑問に思ったし、理解できませんでした。


気を取り直して、入り口に着くと人だかり。入場のための列が、凄い行列になっていると思い、おとなしく並び始めました。

しかし、すぐに変だな?と、感じました。並んでいたと思ったけれど、誰もかれも並べているのか分かっていないようです。

ロープは、張られていてもキレイな列になっていないので、要領よく進める人と、立ち往生してる人に別れているような気がしました。

もう少し、スタッフさんが気を利かせて、人の流れを作れば入場もスムーズだったのではないかなと思います。

そのモタモタが不満でした。

声をかけてくれたスタッフさんも居たので、もしかすると、人によって仕事の差が出ただけなのかもしれませんが。


三つ目。これは、サービスを提供する側でなく、同じお客として、どうかと思う行動を取っていた人のことです。

10代後半から、20代前半くらいの女性です。たぶんSNSに載せるための写真なのでしょうが撮っていました。

その撮り方が、どうかと思ったのです。


どう、写真を撮っていたかというと、売り物のお面を被って、写真を撮っていたのです。

しかも、そのお面は買わずに戻してしていました。思わず、渋面になっていたと思います。


なぜなら、お化粧をしているから。女性の大半は、お化粧をします。

それなのに、お面を被ってしまっては、お面にパウダーや口紅がついてしまうと思うのですね。

売り物に、そんなことしては…場合によっては、威力業務妨害にもなりかねないかな?と思います。

お面を買うなら問題ありませんが、元に戻してしまったのですから、しかめっ面くらいしてしまいますよ。


その店内には、レジの係りの人が、カウンター内に二人居ました。

レジには、お客さんが並んでいなかったのですし、手持ちぶさたで立っていただけですから、もう少し店内にも気を配ってもいいんじゃないかな?とも思いました。


まだプレオープン中ですし、仕方ないかな?で、終わらせることができますが、それでも、残念なことだったな~。


レゴで出来たミニチュアは、見事でしたし、アトラクションも可愛らしくできていて、一つも乗ることはなかったのですが、見ているだけで楽しかったのです。

楽しかっただけに、先に上げた三つのことが、残念でした。


レゴランドの楽しさは、ぜひとも直に味わってください。