読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

新潟の糸魚川火災で一軒だけ無事だった家の秘密

多くの家が燃えてしまった、新潟糸魚川火災。一軒だけ無事だった家があるようですね。

どうして、燃えることなく耐えることができたか。いくつかの好条件が重なって、運良くという面もあったようです。


周りが焼け野原で、一軒だけ無事だったその家は、北側が道路、東側は駐車場に面していたそうです。

西側の民家とのスペースも、他の小道とは違って、少し広目の幅だったそうです。


地図で言うと、南側から勢い良く火が燃え広がったらしいですが、その南側も火に強い木が植わっていて、防火林のように家を守ってくれたとか。


被害状態は、二重窓になっているガラス戸に、ヒビが入った程度で済んだのですから凄いですよね。


この家は、新潟県中越地震後に「丈夫な家を」と言うことで建てたそうです。

地震に強いのは、視野に置いていたはずなので、当たり前なのかも知れません。しかし、火災にも強いなんて素晴らしい家を建てましたよね。


少し…かなり、お高くなってしまうようですが、後々の事を思うと、この家主さんを見習って、丈夫な家を建てた方が良さそうですね。