楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

新築2年目だというのに

新築、2年目だというのに…やってしまった‼


体調不良で、二階の自室には戻らず、一階に生息していました。しかも、唯一の畳の部屋に、布団を敷きっぱなしで。


体調不良だったため、畳の上でゴロンとしていたところに、お母さんの気遣いの一言で布団を敷き、一日中そこで、過ごし始めたのです。

それが、何日…何週間続いたかな?


自分のことで、いっぱいいっぱいで布団を畳むこともしなかったため、カビを盛大に生やしてしまったのです‼

ああ~、まだ新しい家なのに…。

それどころか、布団も新しい方だったような―。


ともかく、ごめんなさい、お母さん·お父さん。。。

クロロゲン酸で肝臓を強化

コーヒーが、肝臓に良いと言われていますが、コーヒーのなかのクロロゲン酸が、肝臓を強化をするそうです。


夏バテのせいか、肝臓機能が落ちているのではないか?と、疑いを持つ事象が出ているので、実践してみようかと思ったのです。

しかしながら、コーヒーは飲めないことはないけど、好きなので飲むと言うわけではないのです。


なので、他にもクロロゲン酸が入っている食品でもないかと、調べてみたところ、ジャガイモの皮にもあるそうです。


ジャガイモは、たまたま昨日、肉じゃがにして食べたしたが、さすがに皮までは食べませんでした。

やはり、コーヒーしかないのかな?と思っていたら、サプリメントも出ているようです。

サプリメントか~。これ以上、増やしたくないのよね。

けれど、また薬を増やされることになっても嫌だし、何とか体の隅々を元気に保ちたいよ!

雷二回、またシャチホコが

皆さん、今朝はスッキリと起きれましたか?また、寝ることは出来てたでしょうか?


夜、雨と雷が酷くて、気になってしまいました。まあ、寝ることはできたので、寝不足では無かったのですが、雷が二回も落ちたので、怖かったです。

あまりにも大きな音でしたから、近くに落ちたのだと思います。


一度目に落ちたとき、『次は、家に落ちないよね??』と、不安になりました。

それくらい、近くに落ちたような大きな音がしたのです。

怖かった~~。


他に心配になったのは、犬山城シャチホコ

残っている片方に落ちてしまったりしないだろうか?と、心配になったのです。

けれど、今回はお城ではなく、中央道が被害に遭ったようで、土砂崩れとなったようですね。


水害だらけの夏は、いつになったら落ち着くのでしょうか?このまま、秋になるまで収まらないのかな~?

三度目の電気ショック

実に、三度目の電気ショックを与えられました。

というのも、ちょっと体調が悪くて、主治医のもとへ行ったところ、やはり、心臓に不整脈が出ていたのです。


不整脈は、そのつど取り除いておいたほうがいいそうです。なぜなら、心臓の負担が大きくなるため。

心臓に負担をかけないように、取り除きましょうと、去年に続き電気ショックを受けることになり、そのまま日帰り入院となりました。


この日帰り入院は、通院する前に想像していた通りだったのですが、電気ショック後は、すんなりと退院できる想像をしていたのに、想像外のことが起きてしまいました。

そして、日帰り入院から一泊の入院となってしまったのです。もう、酷い目に遭いました。


過去二回と違って、胃カメラを電気ショック前に飲んで、血栓ができていないか調べてからの処置になるとのことで、喉の麻酔と全身の麻酔を使われたのです。

その初めての喉の麻酔が、体に合わなかったのか、麻酔から覚めたら吐き気で、何度もリバースしてしまったのです。


処置は、11時頃から始まり、麻酔から覚め始めたのが、14時頃らしかったのですが、目が覚めてからの吐き気が本当に酷かったのです。

夜の消灯後も吐き気があったので、辛かった~…。


夕食は、吐き気にやられている姿を見て、キャンセルされてしまったらしいし、看護師さんに買ってきてもらったゼリーも食べられず、吐き気と闘うしかなくて…。


皆さんも体調には、気を付けてくださいね。心臓を助けるためとはいえ、他で体が痛め付けられたら、とても辛いですからね。

脳への刺激が減れば認知機能が落ちるのも自然なこと

脳への刺激が減れば、認知機能が落ちるのも自然なことだと改めて知ることができました。

それは、視力が悪い人は認知症になりやすい、という話からです。


よく、引き合いに出される"専業主婦は、ボケやすい"と一緒なのでしょうね。

毎日、決まった人と決まったことのみの生活のことを例えた言い回しですが、同じ刺激は直ぐに慣れてしまって、刺激がないのと同等になってしまい、認知機能の低下が加速してしまうと言われているんですよね。

今の若い専業主婦の方は、刺激がある生活を送れているので、ベテランの専業主婦の方は羨ましいのではないかな?


話を元に戻しますが、眼へと送られる刺激が、認知機能を向上させるのは、眼からの情報が約80%も入って来るから。

その情報が少なくなれば、刺激も減って脳への刺激も減るという悪循環になるわけです。


眼を手入れして、認知機能の減少を少しでも遅らせたいものですね。

幹細胞で心臓の若返り

幹細胞を心臓に直接注射すると、心臓だけでなく体全体の若返りが起こったそうです。

マウスの実験でおこった、この全身の若返りです。


もちろん、すぐに人には使えませんが、新しい手法が分かるたびに、未知の病気も防ぐことができるのではないかと、安心します。


幹細胞は、血液にも存在しているのでしょうか?もし、そうだとしたら、吸血鬼が血を吸って何百年も生きるというのが、この実験で証明されたのでは?

心臓に直接注射したのにも関わらず、全身が若返りテロメアが長くなったわけですし。


いづれ、幹細胞を増殖させるようなサプリメントなどが出たりして、平均寿命が160歳になるのだろうか。 

ヒマワリを抜きました

ヒマワリを抜きました。


もう、8月も半分過ぎようとしています。夏も終わりですね~。

と、言いつつ、毎年ここからが厳しい暑さが、ダラダラと長引いているような気がします。


そんな中で、まだ花が咲いているにも関わらず、引っこ抜いたのは、台風などの強風の影響で、折れたまま咲いていたのも理由です。

あと、私は確認していませんが、お母さんが確認していて、ヒマワリの種を鳥が食べてしまっているからです。


種を取ろうと、大きく育った一本は花を切らずに残しておいたのです。その種を鳥が啄んでいたとか。


鳥に全部食べられてしまう前に、種を採取するついでに、ヒマワリを全部片付けたのです。


今年は、あまりヒマワリを楽しめなかったです。去年は、伯母に何度もお裾分けして、すご~く楽しめたんですけどね。


来年は、もっと楽しみたいと思います。