読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

プレミアムフライデーが失敗したのは、袖を振らせてもらえないから

あれだけ騒がれたプレミアムフライデー。もう、失敗したと言われているようですね。


実際、私の周りではプレミアムフライデーを話のネタにする人すらいませんでした。

まあ、今は働きに出ていませんからね。

しかも、知り合う方は主婦や自営業の人に片寄っているし、会社員の人と話すことが、ほとんどないので、失敗だと思っているだけかもしれませんが。

これだけ、話を聞けない·聞けない、盛り上がらないところを見れば、やはり失敗したと思っても良いかと思います。

そもそも、成功すると思ったのかな~?という、疑問さえ沸いてきます。


良く聞こえてくる話は、ネガティブなことばかり。

やれ、年金が減らされる。やれ、子どもに我慢をさせてしまう。やれ、残業しないと生活が成り立たないのに、止めろと言われる。などなど。

今の生活でも不安があるのに、さらに、金を使えとばかりに、プレミアムフライデーと言われても…ね。

少なくとも、残業せず、朝から8時間働き、休日は完全週休2日。カレンダー通りに、他の祝日休日もあり、子ども二人を高校まで卒業させることが出来る安定した収入。くらいでないと、無理じゃないかな~。

一言で言うなら、切り詰められてなくなった袖は振れないってこと。


何より、月末の〆の忙しいときに、早く帰れ⁉って?

それで、仕事が間に合わず評価が下がったら、ますます袖が短くなるじゃない‼と思ったのは、私だけではないかと…。