読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

選挙間近?総理大臣の考え方は新聞に書いてあるって

この話題、書こうかどうか迷いましたが、書きました。ちょっとした、独り言と思っていただければ幸いです。


題名の通り、今騒がれている安部総理大臣の発言ですね。


昨日、夕方のニュースで知りましたが、「それは、言っちゃぁ~あかんでしょ!」って思ったのが、口をついて出てしまったのが、第一印象でした。

しかも、読売新聞と発行社まで言っておりましたよ。


主に、2つの意味で良くないと思いました。

一つ目は、先ほど触れた、発行元を答弁の場で発言したことです。

総理大臣は、公人でもありますから、特定の社名や商品名を言えば、癒着があるのかと疑われ兼ねません。

なのに、言っちゃった。


本当は、説明が面倒で発言したのだとは思いますよ。思いますけど、そうではなくて、良いチャンスが来たから、CMだ!と考えて言ったのかも。と捉えられるいうことです。

今は、まだ周りが騒がしいのだから、疑われるような発言は控えたほうがよろしいかと思うのですが…言っちゃった。


もう一つは、発言そのものです。

総理大臣のお仕事のなかに、説明や任命が入っていると思います。

実際を正しく理解していないので、勘違いしているのかもしれませんが、少なくとも私は、そう思っていました。

だから、各大臣が色々と問題を起こすと「任命責任を問わねば。」という、動きや言葉が出てくるのだと考えていたのです。


なのに、このような発言、"説明は新聞でなされています。"は、仕事を放棄したと捉えられても仕方ないかと思うのです。

そんなに、総理大臣という職種が嫌なら、仕事放棄するなら、辞めれば良いのです。

他にも、その職種に就きたい方々はいらっしゃるのだから、安心して辞めれるはず。


どのお仕事も大切で、従事する人が居ないと、世の中が回らず困ってしまいます。

その最たる内閣総理大臣には、もっと親切·丁寧にお仕事をしていただきたいな~、と思いました。


さらに言うなら、心優しい人が就いてくれたら、こんなに将来が不安になったり、暗いニュースばかり聞くことも無く、少しは幸福度も上がるかもな~、と思いました。