読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

大企業は大企業になる意味があった

大企業は大企業になる意味があったようです。


午前中に、買い物に出掛けていて家を留守にしていました。どうやら、その時に某大企業から電話をいただいていた模様。


気づいたのは、帰ってきてから電話が鳴ったから。再度、電話が来たのです。 


ナンバーディスプレイなので、見てみると知らない番号でしたから出ませんでした。

そうすると、留守電に切り替わりました。留守電に切り替わると、さっさと切ってしまう電話が殆んどのなか、その某大企業の電話は用件をキチンと入れてくれました。

しかも、内容はお詫び。さきほど入れた留守電は、間違いでした。お詫びいたします。とのこと。

そこで、ようやく留守電が入っていたのを知ったのです。


聴きもしなかった留守電に、間違っているからと、改めてお詫びの留守電を入れてくれるなんて、さすが大企業!感動しましたよ。

同時に、大企業は大企業になる意味があるんだな~と、感心しました。

電話一本のことですが、見習うようにしたいと思いました。