読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

賞味期限は守るべし

食品の賞味期限は守った方が良かったようです。


夕食に、市販の漬け物が出ました。食卓に並べる前、お母さんが棄てようか食べようか迷っていました。
 
何でも、買ってきたことを忘れていて、冷蔵庫の奥深くから、白菜の漬け物を発掘したのだけど、袋がパンパンに膨れていたとか。

賞味期限も約1ヶ月も過ぎていました。


捨てることに傾いていたようでしたが、食べる方へと背中を押したのは私。

漬け物ですから、過発酵しただけで、腐敗していないはずなので、味は変わっていても食べれると判断したからです。


実際、食べることになりました。背中を押した手前、食べないのはどうかと思ったので、すぐに味見しましたが、酸っぱくなっているだけで、腐ったときの臭いはしませんでした。

お母さんも「これくらい、酸っぱい方が好みなんだけど…」と、味に関しては受け入れているようでした。


しかし、食後2時間くらい経った先程、「何だか、お腹が痛い。」と、いい始めました。

やっぱり、賞味期限は守らないと、ダメだったのかな?私は、なんともなっていないのですが。