読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

ミカンが採れた。去年は二個だけど今年はいくつ?

ミカンが採れました。旧宅の庭にはミカンの木が植えてあり、そのミカンの木から採れたのです。


いくつ採ってきたかは分からないけれど、両親がパクパク食べていました。私も食べたくて近寄ると、机の上に残っていたのは三つ。

ひとまず、ひとつは口に入りそうだと安心していたら、お母さんが食べるようにすすめてくれました。

てっきり、お父さんと二人で話しながら食べていたので、二人占めするかと思ったのは秘密。さすがに、そんなことを言えば「では、二人で食べる。」と、言われかれないですから。


食べながら、あといくつ食べられるだろう?たくさんなっていればたくさん食べられるよね?と疑問に思いました。食い意地が張っているので、気になってしまうのです。


あと、いくつミカンが採れそうか聞こうとしたとき、お母さんが、時間を見つけて、すべてのみかんを採って来るように。と、お父さんに指示しました。

すべてのみかんを採れということは、それなりになっているだろうと、満足しました。が、さすがに、お父さんの予定もあるし、慌てなくてもと、止めようとしたのです。ですが、「去年できた二つは、盗られたからね。」と、続けて言ったので止めるに止められなくなりました。

てっきり去年は、鳥に食べられたせいで採れなかったと思っていたのに、違っていたとは。

しかも、今年もすでに、手で届く範囲のミカンは盗られているとも言ったのです。

これは、大変!と止められなくなったのです。


個人的には、食べきれなくて腐らせるくらいなら、誰かに食べてもらいたいです。食べてもらいたいですが、許可を得て採るわけではないし、お礼も言わない。

採っていくではなく、盗っていくという状況。

はっきり言って、業腹です。


今年も被害に遭ってしまっているから、もう口に入らないかもしれません。それでも、いくつ採ることができるのか。収穫を楽しみにしています。

早く時間を見つけて、採りに行かないとな~。最終的には、いくつ採れるだろう。