読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

ライフログのノート書きに追われている理由は?を考える

ライフログノートに書き写す作業ばかりで、一日を終える日もチラホラ出てきたことは、前回書きました。

詳しくは、こちら↓
ライフログを始めたら、こうなった】

追われている理由は、何だろう?立ち止まって考えれば良かったのです。

けれど、本を読んだときに『続けないと分からない』『だんだんとじわじわと効いてくる』と書かれていたので、「とにかく、時系列に沿って書いておくぞ。」と、書き写し続けるのを優先しました。

時系列にこだわったのも敗因かもしれません。


読み直しも、まったく行わなかった訳ではないのですが、5ページほどめくって「うん、ライフログは続けられている」「字ばかりで読みにくいけど、これは文章をマルッと残しておきたい」という見返しかたが多かったです。

とてもじゃないけど、読み直しとは程遠い感じでした。


それでも、少しライフログノートの取り方を変えたこともありました。

·カレンダーをスケジュール用に印刷して貼る
·体重の記録をグラフにするためにExcelで、表をつくって貼る
·印刷して貼るが、面倒になったら直接ノートに線を引いて表を作る

またライフログが楽しくなってきました。メモが飛んでも、不明な日が出てきても、楽しくなってきたので続けたのです。

楽しくてもライフログノートの書き写しに追われるのは解決できないままでした。

それは、考えた結果に対して行動できたからかもしれません。さほど変化していなくてもグラフを作った、カレンダーも使うようになった、実行できて満足。と。

 
2016年の今だから気付けましたが、そのときは、気づけませんでした。だから、メモ写しに追われたままだったのでしょうね。

あのときに気づけていれば、今の生活は違うのでしょうが、終わったことは仕方ない。

ライフログで、四苦八苦することも必要なことだったのだと思います。