読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

もち麦が届いたのであって詐欺ではない

突然、荷物が届いてビックリしました。結果的に、頼んでいた餅麦が届いたのであって詐欺ではなくホッとした話。


お母さんは、お仕事に。お父さんは、地域の活動に。妹は、美容院に。次々と、出掛けていきました。


三人の中で最後に家を出た妹は、出掛ける前ちょっとした騒ぎを起こしていたのです。と言っても、わが家では…いえ、私の中では日常茶飯事ですから"騒ぎ"というには大袈裟かもしれません。

何があったかというと、鍵が見当たらないと、家中ウロウロしたのです。


一緒になって探そうとしたけれど、私の出掛ける予定は変更できる私用でしたので「鍵を持って行かなくても、お留守番しているから大丈夫だよ。」と、送り出しました。


送り出してから、5分も経っていないでしょうか?ピンポーンと呼び出し音が鳴ったのです。
 
「あれ?何か忘れ物かな?それとも、予約がいっぱいって、断られたのかな?」と、てっきり妹が帰って来たのだと思い玄関に急ぎました。


玄関を開けると、ダンボール箱を持った男の人。宅配の方だったのです。

一瞬見えた宛名には、私の名前が。「あ、えっ⁉頼んだ…(かな?)」と、心当たりのない荷物におもわず言葉が口から出てしまいました。


業者さんの本人確認の言葉に反応が遅れたけれど、そのわずかな時間で遅れていた餅麦だと思い出すことができ、一安心。


安心しすぎて、また「今日来るとは思わなかった。」と、言葉に出していました。宅配のお兄さんも内心では、本当に本人か疑問に思っていたのかもしれません。言ったあと「そうか、良かった。」と言わんばかりに、お兄さんはうなずいていましたから。


·頼んでいた荷物を忘れていたこと

·先週から朝のニュース番組で、詐欺について放送していたこと。

二つのことが重なって、荷物が届いたのを不審に感じました。着払いでお金を盗られる詐欺があると、放送していたからです。

けれど、要らぬ心配になったので本当に良かった。これからも、楽しんで通販を利用できそうです。