読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

スマートフォンでブログを書いていたら紙に下書きできなくなった

スマートフォンでブログを書いていたせいでしょうか?いざ、紙にブログ記事の下書きするぞと、思ったら書けませんでした。


そもそも、なぜ紙に下書きしようと思ったかというと、記事の最後が、どうしても尻切れトンボになってしまうからです。

記事の最後まで、丁寧に。と、思っているのですが、最後の締めが上手くない。

サッとで、いいから紙に下書きしてから、スマホで書き込めば上手く書けるかも、と思ったのです。


紙に締めの部分だけ、下書きしようとしたからか、まったく文章が浮かんできません。

そりゃそうだ、文章は流れみたいのがあるから、始まりから終わりに向かって考えた方が、自然な気がする。と、自分で自分にお尻から書こうとしているおかしさにツッコミを入れて、文章の出だしから考えることにしました。


ん~、と考えて頭を捻って、スラスラ書ける訳でもなく、書こうとしている文章の流れを、ああでもない、こうでもないと単語でメモしつつ決めていきました。

文章のザッとした流れが出来たから、これで最後まで書けるだろうと、改めて下書きを行おうとペンを紙に乗せました。


けれど、出だしが出てこない。一文字も書けずにペンを置きました。


自分の不甲斐なさに、ふて寝しつつため息が出たのですが、これ(紙に手書きで記事が書けないこと)ブログのネタになるな~、と思った瞬間に、頭に文章が書かれていったのです。

とは言っても、今書いている文章ではなく、もう少し感情が先走っているような、事実や成り行きが順番通りでもなく、曖昧なところ具体的ではないところが多い文章です。


紙に下書きしようとしたときは、一文字も浮かばなかったのに、寝転がって浮かぶってことは、スマートフォンで書いてた癖が出ているんだな~と、実感しました。

なんせ、いつも寝転がりながらスマートフォンで「今日は、何書こうかな?」から始め、最後の締めの文章に悩み「まぁ、いいや。(文章の終わりは)こんなものだろう。」と、締めて書き終わるからです。


他のブロガーさんは、どういう手順で書いていくのでしょうかね?やはり、人を前に話をしているかのように、思い浮かんだものを言葉にして、スマートフォンで書いていくのでしょうか?

それとも、もっといい記事を書いて、もっとたくさんの人に読んでもらいたいと、メモや取材に力を入れて、下書きも手で書いてから打ち込むのでしょうか?

スラスラと書けるのなら、どちらでも構わないような気がしますが、やはり皆様に楽しんでもらいたいので、今より文章が読みやすくなるなら、下書きも丁寧に行っていきたいな。

しばらくは、紙に下書きしてから、打ち込んでみようと思います。あまり、変わらないなら止めれば良いだけですものね。