読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

日本語はむずかしい、思い出したらイライラするくらいに

日本語は、むずかしいですね。


今日、思い出したらイライラすることがあった。

それは、お母さんにおはぎを買ってほしいと言われたときのこと。


お母さんが「(おはぎ)おごり(でいいの)?」と言ったので、答えたのですが、答え方が悪かったようでダメだしされたのです。

私が言った言葉は「いい、いいよ。」です。二回言ったのは、立て続けに聞いてきたから、それに答えた形です。

おはぎ買ってこいという話で、おごり?とだけ言われたのなら、答えは"いい"あるいは"いいよ"だけで事足りませんか?

お母さん自身が、おごりか?と一言に済ませたことを大棚にあげて、私に「"いい"って、どっちか(分からない)…。」とダメだししたのです。

おごりでOKという意味で。"いい"というのと、お母さんのお金で買わなくてよい、という意味で"いい"という二種類があるのだと、お母さんは言いたかったようですが、お母さんのお金で買わない=おごりなのに、ダメだしを喰らったのです。

それとも、おはぎ代を払ってくれて"いい"=お母さんの支払い、と思ったのでしょうか?それなら、ダメだしは分かりますが、話の流れ的には、そうと取れないような。


ダメだしの言葉が、途中で終わっているのは、ダメだしを切り上げさせるために、奢りだから払うよ、という意味だよと、言ったから黙ったのです。


実際に、購入してきたのですが、購入したあと改めて思い出したら、イライラしてきました。

グチグチと言われた上に、お金まで支払わないといけないなんて罰ゲームかいよっ⁉と、思ったのです。

しかも、食べたくてねだったはずなのに、お仕事から帰ってきたら小腹が空いたと食べたのは菓子パン。

菓子パンがあるなら、おはぎはいらないじゃないか!と、ムッときたのです。


あと、一ヶ月もしたら、今度は太ったと言い出して、食べ過ぎだからでしょ!っと、またイライラするんだろうな~。