読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しきつきなみ日記

楽しいけれどつきなみな内容の日記

減塩の成果

今まで、こつこつ減塩に気を付けていた成果でしょうか。


市販のお煎餅がしょっぱく感じて二枚入りの小分けパックすら完食できず
一枚をなんとか食べて残りの一枚は物欲しそうに見ていたお父さんにあげました。

 

張り切って減塩をしたわけではなく
食べる際になるべく塩分を含んだ調味料をかけないように習慣づけていきました。


本心を言えば、かなり寂しい食卓に見えてしまうので
減塩料理をきちんと作ったほうがいいのでしょうが
いかんせん、料理が苦手で作る気が起きないんですよね。


また、ひとり暮らしではないので減塩が不要な人に
減塩料理を食べさせるのも気が引けるというのも理由の一つです。


そういうこともあって、一人でできる減塩方法を実践。


例えば
・納豆などの付属のたれは少しずつかける。
・サラダは、基本なにもかけずに食べる。
 ドレッシングなどかかっている場合はあまりかかっていないところから食べる。
・ラーメンのスープは飲まない。


納豆などに付属のたれがついている場合
半分ほどかけてから、それでも物足りないと感じたときに
残りをかけるようにしていきました。


初めのうちは、半分かけただけではやはり物足りなかったので
結局、全部かけていたりもしたのですが


ほかのおかずで、味が濃いものの箸休めのように
何もかけていない納豆を食べていると
徐々にですが慣れていきました。

 

サラダに関しても、納豆と同じです。


味付けが、濃くなったおかずのあとに
口をさっぱりさせるために、何もつけていないサラダの瑞々しさや
野菜の苦味や甘みを堪能しつつ減塩しました。


ついでに、お刺身はわさびをのせて
醤油なしでいただきます。

 

ラーメンのスープに関しては
もうこれは、予防の点から考えても常識ですね。


飲まないに限ります。

 

初めて行ったラーメン店
流行とうわさのラーメン。

 

こうした場合では人生の楽しみの一つとして
一口二口は、スープをいただきますが
それ以外では、スープは飲みませんよ。

 

個人的に一番効果がありそうな減塩方法は
料理嫌いを治すことでしょうかね。


どうしても、簡単にできるインスタントラーメンばかり昼食として食べるので
これ以上の減塩が進まないからです。


とはいえ、これだけゆる~い減塩方法で
今まで、なんとも思わずに食べていた市販のお煎餅を
しっかりとしょっぱいと認識できるようになったのは
かなりの進歩だと思っています。


きつい自己管理が、お嫌な方は
こんなゆる~い自己管理なんていかがですか?
長く続ける必要はありますが効果は経験済ですよ。